写真

Appleは2021年をめどにiPhone、iPad、Macのアプリ統合を目指すと、Bloombergが伝えている。 AppleはiOSアプリとMacアプリの開発において基本的なソフトウェアコードを2回書く必要はなくなる新しい開発キットをWWDC2019で提供する予定で、2020年には同キットを拡充してiOSアプリもMac用に転換できるようにし、2021年までにはiPhone、iPad、Macのアプリが1つにまとめられるようにすることを目指しているそうだ。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング