「神様が来て全てを壊した」 繰り返される仕様変更、本当にあったAIプロジェクトの怖い話

ITmedia NEWS / 2019年3月20日 13時46分

「人事系のAIシステムを8カ月で作ってほしい」――この依頼から、全てが始まった。 AI(人工知能)ベンチャーのトライエッティング(愛知県名古屋市)の長江祐樹社長は、同社が体験した“大炎上プロジェクト”の経験を振り返る。 同社は企業のAI活用を支援するAI専任のSIerだ。ヒアリングから設計、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング