写真

5つの論文誌に掲載された791文献を調査したところ、51%が統計を間違って解釈していたという

「統計的に有意差がないため、2つのデータには差がない」──こんな結論の導き方は統計の誤用だとする声明が、科学者800人超の署名入りで英科学論文誌「Nature」に3月20日付けで掲載された。調査した論文の約半数が「統計的有意性」を誤用しており、科学にとって深刻な損害をもたらしていると警鐘を鳴らす。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング