産総研のスパコンで“大規模強化学習” なぜいま「囲碁AI」開発で世界一を目指すのか?

ITmedia NEWS / 2019年4月19日 12時56分

世界最強の囲碁AI(人工知能)を開発し、若手棋士の育成にも役立てようというプロジェクト「GLOBISーAQZ」が、4月18日に発表された。 Alphabet傘下のDeepMindが開発した囲碁AI「AlphaGo」が次々と世界トップ棋士を破るなど、既にAIの実力は人間を圧倒しているといえる。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング