はやぶさ2が作った人工クレーター、JAXAが写真公開

ITmedia NEWS / 2019年4月25日 21時2分

宇宙航空研究開発機構(JAXA)は4月25日、探査機「はやぶさ2」が小惑星「リュウグウ」の表面に金属の塊をぶつけた地点で、人工的なクレーターができていることを確認したと発表した。小惑星への人工的なクレーターの作成は世界初。 はやぶさ2は5日、金属の塊を対象にぶつけて人工クレーターを作る衝突装置をリュウグウに向けて分離していた。今回、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング