ドコモ、19年度は減収減益予想 新プランが影響 「本当にトク?」疑問解消で挽回へ

ITmedia NEWS / 2019年4月26日 19時35分

「2019年度を業績の“底”にして、できるだけ早期の回復を目指す」――。NTTドコモの吉澤和弘社長は、4月26日に開いた18年度(17年4月~18年3月)の通期決算説明会でこう話した。18年度の業績は堅調に推移したが、“値下げ”したプランを6月にリリースする影響で19年度は減収減益を想定。今後は金融など非通信事業を強化し、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング