写真

理化学研究所計算科学研究センターは5月23日、スーパーコンピュータ「京」の後継機の名称を「富岳」に決めたと発表した。2021年ごろに運用を始める予定で、京の最大100倍の実行性能を目指す。 理研は今年2月、京の運用を8月に終了すると発表し、後継機の名称を公式Webサイトで募集。5000件以上の応募があったという。理研の松本紘理事長は「創薬や防災を発展させる上で必要なシミュレーションに加え、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング