「ネット犯罪、自分は遭わない」未成年の大半 「自撮り送って」経験の女子高生は7%

ITmedia NEWS / 2019年5月24日 14時51分

「自分が“ネット犯罪”の当事者になりえる」という危機意識を持っている未成年はかなり少ない――。セキュリティメーカーのデジタルアーツは5月24日、こんな調査結果を発表した。 10~18歳の携帯電話所有者のうち、「ネット上だけでつながっている友人がいる」層は高校生を中心に多く、「顔や容姿」(24.1%)「本名」(21.6%)を明かすことに抵抗がない人も存在。「ネット上の友人と実際に会いたい」(48.7%)と望む人も多かった。 こうした状況下で、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング