東芝、脳の「海馬」を模倣するハードウェア開発 一部神経細胞機能の再現成功

ITmedia NEWS / 2019年5月27日 0時0分

東芝は、脳の「海馬」の中でも空間認知をつかさどる一部の神経を模倣するハードウェアを米ジョンズ・ホプキンス大学と共同で開発し、脳での神経細胞とほぼ同じ反応を電子回路上で再現したと5月27日に発表した。東芝は「同種の実験結果は過去に例がない」としている。 米大学の研究チームが開発した、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング