コロプラの株価が急落、不適切取引騒動を嫌気

ITmedia NEWS / 2019年6月24日 12時20分

6月24日の東京株式市場で、コロプラ(東証1部)の株価が急落。午前10時3分に前営業日比65円安(-9.2%)となる639円を付けた。午前の取引を終えた時点での株価は50円安(-7.1%)の654円で、値下がり率は全市場で11位。 コロプラは21日に、社員2人が取引先に対し、自社のゲームアプリ「最果てのバベル」内でアイテムを購入するよう不適切な依頼をしていたと発表。これを嫌気した売りが相次いだとみられる。 取引先による“課金”は、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング