Apple Watchのトランシーバー機能が一時停止 脆弱性対策で

ITmedia NEWS / 2019年7月12日 8時12分

Appleは、AppleWatchの「トランシーバー機能」に脆弱性が見つかったとして、機能の提供を一時停止したとコメントしたとTechCrunchが伝えている。 この脆弱性は「セキュリティやプライバシーの脆弱性について報告する」を通じて報告があったそうで、このバグにより、別の顧客のiPhoneを同意なく聴取できることが分かったという。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング