写真

ジャパンネット銀行の告知より

「ジャパンネット銀行のシステム障害で振込入金が遅れている」と支払い先に嘘の説明をし、支払いを遅らせるたり、免れようとしたりするするケースが複数発生しているとして、ジャパンネット銀行が7月12日までに、Webサイトに注意喚起の文書を掲載した。 こうしたケースでは嘘の説明をする際、ジャパンネット銀行の名前を使って偽造した「振込明細」や「お詫び状」が使われていたことも分かっているという。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング