ソニー、6100万画素のフルサイズミラーレス「α7R IV」発表 連写合成で2億4000万画素の写真も撮影可

ITmedia NEWS / 2019年7月17日 0時8分

ソニーは7月16日(米国時間)、フルサイズのミラーレス一眼カメラ「α7RIV」を発表した。約6100万画素のイメージセンサーを搭載する。米国での価格は3500ドルで、9月に発売する。日本への投入は未定。 α7RIVは、ソニーが2017年11月に発売した「α7RIII」の後継機種。「III」は約4240万画素だったが、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング