写真

Wi-Fi Allianceのマーク・ハング氏(テクノロジー兼エンジニアリング担当バイスプレジデント)

無線LAN標準化団体のWi-FiAllianceは、米Appleの「iPhone11」や韓国SamsungElectronicsの「GalaxyS10」など最新スマートフォンがサポートした「Wi-Fi6」の認証プログラム「Wi-FiCERTIFIED6」を開始した。Wi-FiAllianceのマーク・ハング氏(テクノロジー兼エンジニアリング担当バイスプレジデント)は、「2020年までに全世界で16億台の対応デバイスが出荷されるだろう」とWi-Fi6の急速な拡大を予言している。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング