幕張メッセで“釣りロボ”遠隔操作 大分県でタイを釣ってみた

ITmedia NEWS / 2019年10月15日 14時19分

大分県の釣り堀に設置されたロボットを遠隔操作し、タイを釣り上げる──ANAホールディングスは、そんな体験ができるブースを、家電とIoT機器の見本市「CEATEC2019」(10月15~18日、千葉・幕張メッセ)に出展している。ブースにある釣り竿風のコントローラーを操作すると、ロボットがその通りに竿を動かし、人の代わりに魚を釣ってくれる仕組みだ。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング