身代金5億円要求も 増長するランサムウェア、被害止まらず

ITmedia NEWS / 2019年10月17日 9時47分

コンピュータを人質に取って身代金を要求するランサムウェアの被害が止まらない。被害額は増大を続け、攻撃の手口は巧妙化、ソフトウェアの未解決の脆弱性を突くランサムウェアも確認されている。 セキュリティ企業Emisisoftによると、米国では2019年1~9月の間に少なくとも621の自治体や医療機関、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング