LINEと厚労省、新型コロナ対策で全国調査 8300万人が対象、クラスター早期発見へ

ITmedia NEWS / 2020年3月31日 16時57分

LINEと厚生労働省は3月31日、メッセージアプリ「LINE」の国内ユーザー約8300万人を対象に、新型コロナウイルス対策のためのアンケート調査を始めた。ユーザーの体調や大まかな居住地域といったデータを収集し、クラスター(感染者集団)の早期発見などに役立てる。 LINE公式アカウントとのトーク画面に「新型コロナ対策のための全国調査」を配信し、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング