ZoomのCEOが一連の問題について謝罪 修正と透明性を約束

ITmedia NEWS / 2020年4月3日 7時15分

Web会議サービス「Zoom」を運営する米ZoomVideoCommunicationsの創業者でCEOのエリック・ユアン氏は4月2日(現地時間)、ここ数日に指摘された一連の問題について謝罪し、向こう90日間は新機能を追加せずに問題修正に専念すると語った。また、透明性レポートも公開すると約束した。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング