Webカメラ、なぜ店頭から消えた? メーカーは「増産でニーズに応えたい」

ITmedia NEWS / 2020年4月3日 16時25分

家電量販店やECサイトでWebカメラやPC用ヘッドセットの売り切れが続出している。新型コロナの影響で在宅勤務やテレワークの需要が急激に高まったことから、PCを使ったビデオ会議などで使う周辺機器を買い求める人が2月以降、増加しているという。PC周辺機器メーカーは増産態勢を敷いてニーズに応えたい考えだ。 ●2月から「Webカメラ」問い合わせが増加 中国・武漢市発の新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響で、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング