E2E暗号化のWhatsApp、新型コロナ関連誤情報拡散対策で転送に制限

ITmedia NEWS / 2020年4月8日 9時30分

米Facebook傘下のWhatsAppは4月7日(現地時間)、新型コロナウイルス感染症に関連する誤情報の拡散を防ぐ目的で、メッセージの転送に新たに制限を設けたと発表した。 WhatsAppの投稿はエンドツーエンドで暗号化されており、内容が誤情報かどうかを第三者がチェックすることができない。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング