「廃止する理由がない」 香川県、弁護士会のネット・ゲーム規制条例反対声明に反論

ITmedia NEWS / 2020年6月3日 14時45分

香川県議会は6月2日、ネット・ゲーム依存症対策条例の廃止を求める香川県弁護士会の声明について「廃止する理由がない」とする見方を示した。同条例には制定の必要性が十分にあり、子どもや保護者の権利を害するものではないと主張した。 県議会は4月、県内の子どもがネット・ゲーム依存症にならないよう対策するためとして同条例を定めた。これに対し弁護士会は5月、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング