「RISCだったら自分たちで作れるんじゃね?」で始まった、自家製RISCプロセッサの興隆

ITmedia NEWS / 2020年7月6日 11時7分

最近ではArm、RISC-Vなど組み込みでも華々しい活躍を見せているRISCプロセッサ。その歴史的経緯を、IT史に詳しい大原雄介さんが解説する。 ARM(現在はArm)の成功は、また別の形で業界に影響を及ぼすことになった。つまり「適当なプロセッサがなければ、自分で作ればいい」というトレンドである。1980年代後半といえば、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング