写真

ウェアラブルデバイスなどの活用を想定

東芝は1月14日、約0.09gのBluetoothモジュールを開発したと発表した。指先に乗るほどの超小型サイズで「従来は考えられなかった分野にも利用範囲を拡大できる」(同社)という。15日からサンプルの出荷を始め、2022年に量産化を目指す。 開発した「Bluetoothlowenergyモジュール」のサイズは、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング