フェンスに飛び込みながらホームランをキャッチ! 米国の中学生が国際大会で見せたスーパープレイをMLBも絶賛

ねとらぼ / 2017年8月21日 17時30分

米国で開催されている13〜15歳による野球の国際大会「ジュニアリーグ・ワールドシリーズ」。あわやホームランという打球をキャッチするプロ顔負けのプレイが飛び出し、海外で話題になっています。 スーパープレイが現れたのは、20日(現地時間)に行われた台湾対ペンシルバニア戦。台湾の選手が金属バットの快音を鳴らすと、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング