写真

ADKが手掛けるアニメコンテンツの説明

大手広告代理店、アサツーディ・ケイ(ADK)がアメリカの投資ファンド、ベインキャピタルに買収されることを受け、アニメファンから「プリキュア大丈夫か」「ドラえもんどうなるか」など心配の声が上がっています。本件について編集部が取材したところ、ADKは「アニメコンテンツは変更無く継続する予定」だと回答しました。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング