錯視画像「回って見える」とAIも誤認 立命館大などの研究で

ねとらぼ / 2018年3月22日 16時49分

静止画なのに回っているように見える絵を、AIも人間と同様に錯覚することが、立命館大学と基礎生物学研究所の共同研究で判明しました。 研究チームは深層学習機に、人間と同様に視覚情報から物の動きを予測するソフトを導入。人間が帽子にカメラを付けて遊園地内を移動しながら撮った、約5時間の映像をくり返し入力しました。我々が日常で目にするような景色をもとに、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング