狂気の画像識別 MITが陰惨画像でサイコパスAIを育てる

ねとらぼ / 2018年6月12日 21時0分

米マサチューセッツ工科大学(MIT)の研究機関MediaLabがサイコパスAI「ノーマン」を開発しました。通常のAIが「鳥」と判断する画像を、ノーマンは「引き伸ばされた人間」と判断するなど、狂気的な人工知能であることがうかがい知れます。 海外メディアのインタビューなどによると、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング