TwitterがAPIのバグ報告 サードパーティーの開発者にDMなど送られた可能性

ねとらぼ / 2018年9月24日 12時12分

Twitterは9月22日(米国時間)、APIに関するバグを発見したことを報告しました。このバグにより、DMや非公開ツイートがサードパーティーの開発者に意図せず送信された可能性があるとしています。 バグが発見されたのはAccountActivityAPI(AAAPI)で、2017年5月から存在したもの。Twitterはバグを2018年9月10日に発見し、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング