フィンランドのベーシックインカム暫定結果 「雇用促進はしないが幸福感は向上」

ねとらぼ / 2019年2月18日 10時57分

フィンランドのKela(国民年金局)が試験導入したベーシックインカム(以下BI)の暫定的な結果が発表された。目的としていた雇用促進には効果が見られなかったが、給付対象者の幸福感が向上することが判明している。 本試験は、2017年1月から2018年12月まで、失業手当受給者から無作為に選ばれた2000人を対象に行われたもの。月額560ユーロ(約6万8000円)を給付することで、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング