物議を醸した「破産者マップ」が閉鎖

ねとらぼ / 2019年3月19日 8時55分

物議を醸していた、破産者の住所・氏名を公開したサイト「破産者マップ」が閉鎖されました。アクセスできない状態になっています。 同サイトは官報に掲載された破産者情報(名前や住所、事件番号など)をGoogleマップで見られるようにしたもの。3月15日には公開されていたとみられ、その後ネットで話題になると「プライバシーの侵害ではないのか」「いじめや自殺を招きかねない」など批判的な声が相次ぎました。18日には見られない状態になっていました。 運営者を名乗るTwitterアカウントは19日にサイトを閉鎖すると告知。官報から取得した破産者の情報、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング