「音に殺される」 ブラックな仕事で聴覚過敏になった実体験を描いた漫画 「本気でダメだったら逃げて」が胸に刺さる

ねとらぼ / 2019年3月21日 19時30分

普通に働いていたら聴覚過敏になってしまった――自身の体験を描いたレポ漫画「仕事の愚痴と聴覚過敏」に注目が集まっています。作者はちゃぼさん。 当時金融の営業をしていたちゃぼさんは仕事の成果も出始め絶好調な時期でした。その頃支社の方針で新人教育が撤廃となり、ちゃぼさんは営業をしながら採用や新人教育のリーダーを担うことになります。仕事は増えてもお給料は増えない、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング