写真

3月のリリース直後からメンテナンスに入ったままの「魔界戦記ディスガイア RPG」。4月中旬の時点で、再開には3カ月以上かかるとアナウンスされている

2019年5月20日の株式市場で、ゲーム開発の日本一ソフトウェア(東証JASDAQ)が急落。前営業日比で269円安(-17.05%)の1309円で取引を終えました。前営業日に、「MSワラント」の発行という手法で資金調達を発表したのが要因です。 午前の取引開始から売り気配でスタートし、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング