WHOが疾病分類した「ゲーム障害」 国内ゲーム4団体が調査へ

ねとらぼ / 2019年5月27日 17時31分

世界保健機関(WHO)が正式に国際疾病と認定した「Gamingdisorder(ゲーム障害)」について、コンピュータエンターテインメント協会(CESA)など4団体が、調査・研究を行うと発表しました。 CESAと日本オンラインゲーム協会(JOGA)、モバイル・コンテンツ・フォーラム(MCF)、日本eスポーツ連合(JeSU)による取り組み。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング