メルカリ、シェアサイクルから事実上撤退 「経営資源の集中」

ねとらぼ / 2019年6月13日 17時23分

メルカリは6月13日、シェアサイクル事業からの事実上の撤退を発表しました。同事業を分割して他社の出資を受け入れ、連結対象から外します。メルカリは子会社を通じ、2018年2月から福岡市で「メルチャリ」を展開。「順調な成長を見せているが、当社の経営資源の集中と、同サービスのさらなる拡大の両立を図るため」と理由を説明しています。 シェアサイクル事業を担っていた子会社「ソウゾウ」から同事業を分割した新会社「neuet」を設立。neuetは第三者割当増資でクララオンライン(東京都港区)の出資を受け入れます。出資比率はクララオンラインが約89%になり、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング