鉄道係員に対する暴力行為、2018年度は630件発生 「暴力行為は飲酒と相関関係が見られる」

ねとらぼ / 2019年7月22日 19時12分

JRグループ各社や大手私鉄16社を含む、全国の鉄道事業者35社局がこのほど、鉄道係員に対する暴力行為の件数、発生状況の2018年度集計を発表。2018年度(2018年4月~2019年3月)は前年比26件減りましたが、集計対象社全体で630件の暴力行為が発生しました。 鉄道係員に対する暴力行為発生件数は、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング