ハンドルに荷物をかけたことによるベビーカーの転倒に国民生活センターが注意喚起

ねとらぼ / 2019年12月15日 10時15分

国民生活センターはハンドルに荷物を掛けたことで、ベビーカーが転倒あるいはバランスを崩し、乳幼児がけがをする事故が発生していると注意を呼び掛けている。子どもを乗せたら必ずシートベルトを装着してほしい。 消費者庁と国民生活センターとの共同事業である医療機関ネットワーク事業には、2014年度以降にベビーカーごと転倒あるいは乳幼児が転落してけがをした事例が2019年10月末日までに288件寄せられている。そのうち、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング