写真

トリさんを支援するクラウドファンディングプロジェクト

「電動歯ブラシを1セント(1円程度)で売ってくれなかった」と、顧客にTwitterでさらされたスーパーの店長に支援が集まっています。彼女のために立ち上げられたクラウドファンディングプロジェクトに、休暇を過ごしてもらうための見舞金3万ドル(約330万円)が集まったのです。 発端は米国時間1月18日にフォロワー21万人を持つジャーナリストが投稿したツイート。ツイートにはスーパーTargetの店内に置かれていた商品と価格タグが写っていました。標準的な価格が100ドル(約1万1000円)の電動歯ブラシと0.01ドルと表示されたタグから、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング