落語「竹の水仙」を再現した木の彫刻に驚きの声上がる 「美しい」「まさか拝めるとは」「令和の左甚五郎」

ねとらぼ / 2020年6月1日 20時29分

落語の演目「竹の水仙」に登場する、つぼみの状態から花開く竹でできた水仙(スイセン)を、木の彫刻で再現した作品が話題になっています。まさか本当に作れたとは……!? 「竹の水仙」は、江戸時代に活躍したとされる伝説の彫刻師・左甚五郎(ひだりじんごろう)が登場する噺。無一文の甚五郎が、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング