「Windows 10 October 2018 Update」の再配信でMicrosoftが失ったもの

ITmedia PC USER / 2018年12月10日 6時0分

ファイル消失バグ騒動から停止状態だった「Windows10October2018Update(1809)」の再配信もスタートし、Microsoftが想定している年2回の配信サイクルがようやく正常化しつつあるように見える。 10月初旬に、October2018Update配信直前におけるWindows10のバージョン別シェアについて紹介したが、それから2カ月が経過してシェア状況はどうなったのだろうか。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング