買い切り版「Office 2019」が1月22日発売 ソフトの単体売りもあり

ITmedia PC USER / 2019年1月15日 18時50分

日本マイクロソフトは1月22日、家庭向け「MicrosoftOffice2019」の販売を開始する。複数のソフトウェアがパッケージとなった「スイート製品」に加えて、Officeを構成するソフトウェアの「単体製品」も用意する。1ライセンスで同一ユーザーの利用する最大2台のコンピューターにインストール可能(※1)で、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング