Microsoft、Office 365を「Microsoft 365」に改名 価格据え置きで機能を拡充

ITmedia PC USER / 2020年3月31日 15時45分

米Microsoftはこのほど、これまで「Office365」として提供を行ってきた統合オフィスサービスを「Microsoft365」に改名すると発表、4月21日から提供を開始する(一部の新機能はそれ以前に提供が開始される見込み)。米国での利用料金は個人向けプランの「Microsoft365Personal」(従来の「Office365Personal」に相当)が月額6.99ドル、最大6人の家族向けプラン「Microsoft365Family」(従来の「Office365Home」に相当)が9.99ドルだ。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング