新たに提供されるMicrosoft 365 Personal、その内容と日本独自の内容とは

ITmedia PC USER / 2020年4月1日 11時35分

既報の通り、米Microsoftは3月30日(米国時間)にオンライン発表会を開催し、従来までコンシューマー向けに「Office365Home」「Office365Personal」の名称で提供されていた生産性ツール製品を「Microsoft365」の名称で4月21日よりリブランディングすることを発表した。 米国での価格は、年間サブスクリプションがそれぞれ99.99ドルと69.99ドル、月額サブスクリプションが9.99ドルと6.99ドルとなっているが、この価格体系はそのままに「Microsoft365Family」と「Microsoft365Personal」に名称が変更され、既存ユーザーはそ…

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング