「故障品の破壊動画を送って新品交換」 過激なメーカーサポートが生まれて消えるまで

ITmedia PC USER / 2020年7月7日 17時10分

連載:牧ノブユキのワークアラウンド(PC・スマホの周辺機器やアクセサリー業界の裏話をお届けします) マウスやキーボードのメーカーとして知られるロジクール(スイス企業の日本法人)が、製品の初期不良や保証期間内での故障が発生した場合に、それらを返却せずにユーザーの手元で破壊し、その動画を撮って送ることで新品と交換する手続きを取っている──というウワサがこの春先、ネットでひとしきり話題になった。 いかに故障で使用不能になったとはいえ、ユーザーにとっては身銭を切って購入して大切に使っていた品であり、それをいきなり壊すよう指示されることに抵抗を感じるユーザーも少なくないようだ。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング