写真

福島県双葉郡、医療崩壊の危機

上昌広(医療ガバナンス研究所理事長) 「上昌広と福島県浜通り便り」 福島県双葉郡の復興が危機に瀕している。きっかけは一人の医師の死だ。 12月30日の深夜、高野病院の院長である高野英男氏が亡くなった。享年81才だった。娘で、事務長・理事長を務める高野己保さんは「寝たばこが原因の焼死です」と言う。 高野病院は福島第一原発の南22キロに存在する慢性期病院だ。1980年に高野英男氏が設立した。病床は内科65床、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング