写真

米・イラン、言葉の戦争激化

宮家邦彦(立命館大学客員教授・外交政策研究所代表) 「宮家邦彦の外交・安保カレンダー2019#21」 2019年5月20日-26日 【まとめ】 ・米国とイランの「言葉の戦争」エスカレート。 ・米対イラン挑発は現実超えた誇張の産物。 ・正統派の中東政策はもう戻ってこないだろう。   【注:この記事には複数の写真が含まれています。サイトによっては全て表示されないことがあります。その場合はJapanIn-depthのサイトhttps://japan-indepth.jp/?p=45859でお読みください。】   先週末から米国とイランの「言葉の戦争」がエスカレートしている。先々週、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング