写真

コマツ、装甲車輌開発から撤退

清谷信一(軍事ジャーナリスト) 【まとめ】 ・装備契約者コマツの近年の装甲車輌は開発の失敗が相次いだ。 ・日本の軽装甲機動車の防弾能力はNATO規格レベル1以下の防御力。 ・コマツ撤退により多額の税金により蓄積された防衛技術基盤が損失。   【注:この記事には複数の写真が含まれています。サイトによっては全て表示されないことがあります。その場合はJapanIn-depthのサイトhttps://japan-indepth.jp/?p=47023でお読みください。】   本年3月自衛隊向けに砲弾や装輪装甲車輌等を生産してきたコマツが装甲車輌の開発、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング