写真

南米ボリビアでも米中覇権争い激化へ

山崎真二(時事通信社元外信部長) 【まとめ】 ・ボリビア、不正選挙の疑いで大統領辞任、混乱の余波が続く。 ・中、ボリビアとの関係を強化。米、暫定政権を支持。 ・暫定大統領と前大統領派の政党との対立が先鋭化。   政情不安が続く南米ボリビアをめぐり影響力拡大を目指す米国と中国の覇権争いが活発化する気配だ。   ■昨秋の大統領選混乱の余波続く ボリビアは人口約1100万人で、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング