写真

愛犬との楽しいひとときが、後に人生を大きく変える事態へと発展してしまった。2016年、英マンチェスター郊外に住む男性が飼い犬の唾液に感染し敗血症となり、両脚や手の指を切断しなければならない悲劇に見舞われたのである。このほど英メディア『ManchesterEveningNews』『Mirror』などが伝えた。 2001年に南アフリカからイギリスに移住し、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング