写真

昨年2月にお伝えした、4歳の息子が生卵を床に落として割ったことに腹を立て、わが子を棒で叩き殺した米ニューヨークの鬼母の話題。3人の幼い子を育てる日々で心の余裕を失っていたことに加え、過去に少なくとも3件のDV事件が発生していたにもかかわらず、医療機関とニューヨーク市の児童保護当局との連携がうまく行っていないこともわかってきた。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング