写真

乗客と乗務員の安全を守る責任があるはずの副操縦士が、コックピットで電子タバコを喫煙したことにより機内の酸素レベルが低下し低空飛行を強いられた。『BBCNews』『TheIndependent』『FOXNews』など多くのメディアが伝えている。 7月10日、香港から中国遼寧省南部の大連市へ向かう中国国際航空のボーイング737、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング